カードローン情報サイト「カードローン体験記」

カードローン体験記

カードローン体験記として、こちらではカードローンについて感じたことや調べたことを中心にご紹介しています。今カードローンを作ろうかと考えている方、まだカードローンを持っていない方にご覧いただき、お役に立てればと思います。

最初に、カードローンという商品が全く分からないという方のために、カードローンとは、というお話をしておきたいと思います。お金が手元に無い時に、金融機関から借りるという場合、いくつかのローン商品があります。カードローンはその中の一商品です。カードローンの申し込みをすると、最初にいくらまで利用出来るのかという限度額が決まるのですが、カード発行後はその利用限度額の範囲内であれば何度でも借りたり、返したりが出来るようになります。有効期限は、私が持っているカードローンにはありませんが、カードローンの支払いを延滞したりすると使用出来なくなったり、返還を求められることがあるとのことでした。有効期限があるものも金融機関によってあるようで、取り扱いは様々なようです。カードを使って、お金が借りられるローン商品は主に二つあります。一つが今回取り上げているカードローンで、もう一つはクレジットカードです。どちらにもお金を借りられる機能が付いていますが、クレジットカードには、ショッピングの機能があり、それがメインとなっています。キャッシングは希望したら追加出来る機能の一つ、それがクレジットカードです。それに対して、カードローンはシンプルにお金を借りるためだけの機能です。

私が調べたところによると、クレジットカードにキャッシング(お金を借りる機能を付ける場合)を付けて利用するよりも、カードローンのほうが審査等の手続きが早くいのと、金利が低めのほうが多いということが見えてきました。このため、お金を借りるカードタイプのローン商品なら、カードローンのほうが良いのではないかと思いました。勿論、一概に全てがそうだとは言えませんが、調べた範囲の中では、やはりローンカードのほうが低利で借りられる商品が多かったという印象を抱きました。この後は、より具体的に、カードローン選びから実際に受け取って使用するまでの体験記をご紹介いたします。