カードローン情報サイト「カードローン体験記」のカードローンの広告

カードローンの広告について

カードローンを利用しようと決めた私は、カードローン選びを開始することになりました。その情報源の一つとなったのがカードローンの広告です。カードローンを利用しようと意識をし始めたためか、テレビの宣伝CMやインターネットの広告等では、大手のカードローン会社を中心に、沢山の宣伝広告が流れていることに気づきました。こういったテレビで流れている広告を元に、インターネットでその会社を検索してみる、という流れで私は広告を活用していました。カードローンには悪質な業者もいるという話をよく聞いていましたので、こういう宣伝広告を出しているような大手の企業であれば安心なのではないかと考えたことが理由です。

しかし、広告の中には、気をつけなければならないものもあるようです。例えば、道端にある壁や電信柱に貼り付けてあるカードローンや融資のチラシというのは、その貼り付け自体が違法であることも多いそうです。広告の出し方が既に違法なのであれば、ちゃんとした業者ではないのではないか、そんな不安を覚えたため、電信柱などに貼り付けされているカードローン会社は利用しないと決めていました。また、電柱に貼られていたり、投函されたりするチラシに「誰でも融資が受けられる」「融資を保証」といった宣伝がなされているものも、悪質なものである可能性があるようなので、候補から除外していました。その理由は、金融機関は通常申込みがあれば、申込者が返済出来るかどうかの判断をするために審査を行なうのです。このため、上記のように必ず融資が受けられるかのうような記載は怪しいと考えられるのです。金融庁のホームページ等でも、悪質な業者の情報を見ることが出来ますので、それらも悪質な業者の確認には役立ちました。この他、貸金業法が改正されたのに伴い設立された、自主規制団体の日本貸金業協会のホームページでも悪質な業者の情報を確認することが出来ます。これらの情報も活用しながら、きちんとした業者のカードローンを利用するように、皆さんも気をつけるようにしたほうが良いと思います。

インターネットの業者の場合には、大手企業の名前にとてもよく似ている会社が多くあるようです。カードローン会社のホームページにもよく「当社の名前を騙る業者にご注意ください」とか、「○○○という業者は私たちとは関係ありません」という表示を見かけます。それだけ、大手を真似て営業をしていたり、詐欺まがいなところもあるということだと言えるでしょう。広告が何でも正しいというわけではないので、その真偽の程は自分自身で見極めるという姿勢が大切だと言えるでしょう。