カードローン情報サイト「カードローン体験記」の心配事

心配事を解消しよう

カードローンを利用するのが初めてという人にとっては、分からないことや心配事も多いと思います。私も実際にそうでした。例えば私の場合、ずっと前に見ていたニュースやドラマ等の影響から、もしもカードローンの返済がちょっとでも遅れるようなことがあったら、取立て屋ではありませんが、怖い人から電話がかかってきたり、仕事場に催促の手紙が来たりするのだろうかと心配になりました。そういった心配を解消するのは行動あるのみ!、ということで私は早速調べてみました。すると、現在では貸金業法という法律によって、日中や夜間の執拗な取立てというのは禁じられているということが分かりました。もちろん、家の中に居座ったり、執拗に返済を迫るということも今では禁止されているとのことで安心しました。しかし、もしも返済出来なかった場合には、はがきや電話等で入金督促が来たりして、早期返済を促すようになっているようです。また、その延滞の履歴が個人の信用情報として掲載されるということでした。これは、他の金融機関に私がクレジットカードを申込んだり、ローンカードを新たに申込んだりする時に、他の金融機関でも見ることが出来る情報として、金融業界全体が利用している指定期間で情報を管理されるとのことでした。その情報は数年間のうちは信用情報として登録されるということでしたので、もしも延滞したら他に金融商品を利用したい時に利用できなくなったりする恐れがあるようです。これは、カードローンの利用者が複数の業者から借りるという借りすぎを防ぐための措置でもあるとのことです。

私は、これらを知ることが出来て心配事が解消されました。また、もしも返済出来なかったら、信用情報として登録されてしまうことを知って、尚更使う前にきちんとした利用計画を立てて、確実に返済を実行していこうという強い動機付けになりました。それが、現在の計画的な利用の根幹にあるのではないかと思います。皆さんも、利用する前に分からないことや不安、心配なことがあれば、まずはそれをクリアにすることをオススメします。それがクリアになれば、安心することも出来るでしょうし、何かしら対策や計画を立てることも出来るようになると思うからです。カードローン会社のホームページにはよくある質問というコーナーで疑問質問集を用意していたりします。それらをチェックすることで、解消できることも沢山あるのではないかと思います。もしもそこで見つけられなければ、メールや電話での問い合わせもすることが可能です。分からないことをそのままにせず、サポートを活用して解消していくことが大切です。