カードローン情報サイト「カードローン体験記」の使う

カードローンの使用報告

カードローンを実際に使った時のお話をご紹介します。カードローンを受け取ってから数日が経ち、実際に資金が必要な時がやってきました。語学学校への学費の支払いと、社内研修への参加費用です。このお金を引き出すために近くの銀行のATMへと出向きました。そのATMは私がカードローンを発行してもらった銀行とは異なりますが、他行のATMでも利用出来るという話だったので、一番最寄のATMへと出かけたのです。私が利用したカードローンは、他社のATMからでも利用手数料は無料だったので、手数料を気にすることなくどこでも利用出来るのは嬉しいなと感じました。ATMへ行くと、提携金融機関というボタンを押して、カードを入れてくださいと表示されたのでカードを機械に挿入、そして借り入れを選択して、金額と暗証番号を入力するという流れでした。ここまで入力すると、後はお金がATMから出てきて受け取るだけという流れです。

最近は利用明細書からでも犯罪に繋がることがあると聞きましたので、お金を借りた後、カードローンはもちろんのこと、利用明細書も受け取って返ってきました。利用方法は、普段銀行のキャッシュカードから引き出しするような感覚で煩わしいことは全く無く、迷わずに使えたので良かったです。後日、早めに返済をしておこうと思い、ATMから繰り上げ返済も実行しましたが、上記の流れの中で借り入れのボタンが返済のボタンに変わるだけでしたので、迷うことはありませんでした。基本的に、銀行の預け入れや引き出しと操作がほぼ同じなので、誰がやっても迷うことはあまりないのではないかと思います。しかし、同じ操作であっても銀行によってどこにボタンが設置されているかや言葉の並びが違ったりするので、そういった相違点があるのは考慮しておいたほうが良さそうです。自社のATMの場合なら、利用規約やパンフレットにも操作方法が載っていたりしますから、そちらをご覧いただくとより分かりやすいのではないかと思います。